内向き志向

今の日本は想像以上に内向き志向になっていると思う。
常に前に前に進んでいこうというよりも、いかに現状を維持しようかという風に見える。
国のトップ自身が外に外に向っていくよりは自分に都合のいい情況を作ろうとしている。
今起きている様々な問題はどれもこれも自分の立場をいかに守ろうかという色合いが非常に強い。
国の仕事をしながら自分の都合を考えている。
国民のためと言いながら自分の権限を守ろうとしている。
どう見てもそこにすっきりした目的意識を感じない。
支持率が先なのか仕事が先なのか・・・。
もとより真剣に国のためを思って仕事に打ち込めば、支持率の問題ではなく国民に対して国民のための自分の考えを明快に主張できるはず。
訳の分からない小理屈を並べ立てている人たちを見るとこの国の小ささがより見えてくる。
李下に冠を正さず、瓜田に履を入れずの言葉通り公明正大に振る舞ってもらいたい。
ただ単に見苦しいの一言である。
こういう訳の分からない理屈を先頭に立つ人たちが飽きもせずやっているようであれば、それを見ている若い人たちはどんな人に育って行くのか不安になる。
このあたりで自分中心の意識を本来の公のため国民のためということに改めてもらいたい。
それにはどうしても近視眼的に己の足元だけを見るのではなく世界のありように敏感になってもらいたい。
そのための費用は決して惜しいものではない。
日本は島国で、どこかに昔から言われる島国根性が身に付いてしまっているのではないかと思う。
意識が内向きになったとき、その世界はどんどん委縮してくる。
周りの人の顔色を窺うようになってしまうと、もうそこからは何も未来に向っていくような魅力的なことは生まれない。
広告
カテゴリー: Uncategorized

日本の若者

今や話の最初にメジャーリーガー大谷翔平選手の話が必ず出てくるほどの話題になっている。
それなりの話題を呼んでいたことは確かだが、これほど希望的期待などをものともせず、想像以上の活躍をするとはほとんどの日本のファンでさえ思ってなかっただろう。
絵になるというか、みんなの心を引き付ける雰囲気を持っていて、それまで私自身もさほど意識はしていなかったけれど、日本人の心を騒がせてくれているのは間違いない。
そしてエンゼルスのチームカラーの赤色がより人を興奮させてくれる。
その昔の野茂は青色(ドジャース)、イチローは紺色(マリナーズ)、松井は白地にピンストライプ(ヤンキース)。
それなりにシックで落ち着いたそれぞれにはぴったりのユニフォームカラーだった。
赤と白というのは日本の色でもありどことなく親近感も感じさせる。
ここで思い出すのは稲村和夫のいう「人生の方程式」だ。
そこでは人生や仕事の結果は 「考え方✖熱意✖能力」であるという。
どんな人もその道で頑張ろうとするからにはそれなりの能力や熱意は持っているだろうが、考え方に素直さや真剣さがかけることがよくある。
今の時代、特にこの「考え方」に真摯な面がかけていて自分の都合という面が表には出さないけれど強く内在していることが多い。
仮に考え方に不遜な点や自己中心的なマイナスと評価される点があれば、いくら能力や熱意があっても答えはマイナス評価でしかない。
これから先、彼がどんな流れの中でどんな成果を発揮するか分からないが、そういう面からみるとかなりの確率でどんな苦境にも対処できるのではないかと思う。
これからの長いレースをまず一年間どう乗り切るか。                         想定外の出来事は必ずある。
野茂、イチロー、松井とは異なってはいるがそれらに負けない能力を持ち、それでいてどう見ても憎まれそうにないあの童顔は、周りのみんなをうまく取り込んで、元気と勇気を発散させながらかつ己の能力をより高める柔軟性のある考え方をしていくだろう。
こういう若い日本人がスポーツだけに限らずいろんな分野にどんどん出てきてほしい。
カテゴリー: Uncategorized

瀬戸大橋開通30周年

IMG_0551
世紀の大工事として長い年月を要して完成した瀬戸大橋。
架橋工事は日本の技術力の高さを示すもの。
車と列車の併用橋。
思い出してみると、これでわれわれの児島も大きく躍進するという期待を抱いていた。
30年といえば一世代の長さであり状況は大きく変化する年月である。
振り返ってみるとこの30年でこの児島は果してどのよう以変化したのだろうか。
携帯電話もなかった時代。
当然ハイブリッド車も走ってはいなかった。
橋が架かるまではあれこれ未来の可能性をアピールした。
しかしながら橋が完成してしまうといきなりトーンダウンしているように思う。
当時の通行料は恐らく世界で一番高かったのではないかと思うほど高く、地域の経済活動を推進するには程遠い価値観だった。
予定の車の通行台数に至るには倍の時間がかかった。
どう見ても単なる橋にしか思えなかった。
児島にとってもどれだけの経済効果があったのかを検証してみないといない。
それでも瀬戸内海の多島美を眺めながら渡る橋は素晴らしいものだと思う。
記念日を祝うことは素晴らしいことだが、これからの瀬戸内の経済の活性化にどう役立てればいいのかについてこれまで以上に真剣に考えなければならない。
50年も経てば今度は橋のメインテナンスが大変になってくるだろうから。
カテゴリー: Uncategorized

さあ元気よく

4033828E-2096-4364-835B-7BE665702B22

インブルー入口に鯉のぼりを揚げた。
ツツジと鯉とデニムスーツ。
果たしてそれらの関係は・・・。
五月晴れのもとデニムスーツが格好いいですよ・・・。
などと言うと微妙であるが、それでもなんとなくこの雰囲気はいいなという気持ちになる。
この場所に出店したときから私の希望だったので、この場所に鯉のぼりを揚げることがやっとできてとても嬉しい。
カテゴリー: Uncategorized

世代交代

入学式、入社式など新しい流れが目に見える季節。
今年は桜の花もいいタイミングで咲き、わが社も絶好の入社式と新年度のスタートを切った。
28期目はこれまでの経験や実績をもとに一段の進化発展が望まれる。
だれもやらないことをやるということは、そこに前例はないのだから自らで道筋を開かなければならない。それだけ多くの経験と実践を必要とする。
人のやらないことをやろうとしているのだが人のことを気にしている自分たちがそこにいるのではないか。
今期はそういう意識の改革を図らなければただただ平凡な一年になってしまう。
若い人たちの発想の中にはマグマのように強いエネルギーが内蔵されているか。
次第におとなしくなっていく昨今の若者たちに何としてでも新しい世代の爆発を見せてほしいものだ。
世代交代は単に年齢だけの問題ではなく、若い人たちの突進力に経験者がついていけなくなったときに起きるべきである。
経験者の意見をまじめに聞いているだけでは世代交代は無理と言わなければならない。
心地よい人柄よりも切れがあったり棘があったりするぐらいの若者の方が私には刺激があり期待感もある。
カテゴリー: Uncategorized

つくしの大群

IMG_1483
春になると桜もいいけれど下を向いてみると、様々な草花が芽吹いてくる。
私の家のすぐ裏の空き地に突然つくしの群生が現れびっくり。
これまでいろんなところで自然に生えているつくしを見てきたが、これほど多く生えているのは見たことがない。とにかく向こうの端までぎっしり生えている。
毎年草がしっかり生えるので管理している人が草刈りをするのだが、時折除草剤を散布するので、大丈夫だとは思いつつ食べるにはちょっと心配なのでこうして眺めているだけ。
それにしても、ほとんどこの場所には今までつくしはほんの少ししか生えなかったはずなのにどういう変化なのかわからない。
人間とは不思議なもので、わずかなつくしをあちこち探して何とか見つけて喜んでいるけれど、これだけあるとなぜか一歩退いてしまう。

 

カテゴリー: Uncategorized

あれこれ言っている間に

なに不自由なく生活できる時代になって気が付くことがある。
ちょっと前に、私のディフェンダーが動かなくなった。
エンジンはかかるのだがチェンジレバーが動かない。
前進も後退も一切できない。
原因はブレーキランプが切れているという単純なことらしい。
確かにブレーキランプがつかなければ後続の車に迷惑がかかるということは分かる。
しかしいったん停車してしまうともうどうにも動かなくなるということは、止まる場所によってはその方が大きな迷惑をかけることになるかもしれない。
さいわい自宅の駐車場で動かなくなったので問題はおきなかった。
どんどん便利はどんどん不便になるということにもつながる。
安全も同じで想定外の危険を招くことにもなる。
先日のアメリカで自動運転の車が人をはねてしまった事例もあるように、おおむね安全おおむね便利と考えておかなければその反対側の危険は想定しにくい。
その上困るのは、それは誰の責任になるのかが明確にならないかもしれないということだ。
それでなくても今の世の中、責任の範囲や危険の予測など非常に難しくなっている。
それでも事態はいやおうなしに進化しようとする。
そしてその足取りはかなりスピードアップされている。
あれこれわがままを言っていると、そのうちあなたはもう必要ありません、AIで十分こなせますと言い渡されるかもしれない。
少々の知識や理屈だけでどうにかなるとおもっていると、それらはAIの最も得意とするところであるから、中途半端に文句を言ったり嫌がったりしていると完全に居場所を失ってしまうことになる。
技術の進歩は、究極は人がいなくても人がやらなくても十分やっていけるということに行きつくので、今から自分たちの働ける、必要とされる場所をしっかり見つけておかなければならないようになってしまうだろう・・・。
カテゴリー: Uncategorized

原子力発電所まだ造る?

安全な国、自然の美しい国、日本。
日本には四季折々に自然の美しさを楽しめる非常に素晴らしい国土がある。
誰もがそういうふうに思っているけれど、実際には人のいないまさに自然を楽しめるはずのところに突如として異様な施設が現れる。
これだけ福島の事故が大きな影響を与え続けているというのに、新たな原子力発電所をまさに事故を起こした電力会社を中心に政府も一緒になって建設しようとしている。
その上、海外にも設備建設を進めている。
こういう事実を見ると、どうしても国の政策が理解できない。
世界で唯一の被爆国でありながら核兵器禁止に非協力的な姿勢をとることとよく似ている。
事故を起こしてその被害の甚大さを感じているはずなのに、影響が収まる前にどんどん次の計画を進めるその神経を理解できない。
日本の良くないところは、白黒はっきりしているにもかかわらず明確な決断ができない。
だらだらと過去を引きずってしまう。
それがいいことのように誤って思い込んでいるように思えてならない。
これは政権が変わればどうにかなるということではなく、その処理には延々と時間と経費がかかるということである。
無事に役目を終えれば施設を解体すればそれで済むというわけにはまったくいかないということをなぜ考えないのだろうか。
日本国民ももっと真剣に考えなければ、そのうち狭い国土なので安心して住める場所がなくなってしまうかもしれない。
訳の分からない筋を外した低レベルの問題審議に延々時間を使わなければならない今の日本。
大所高所で物の道理をわきまえ単純明快に決断を下せる力量の人はいないのだろうか。
これだけ国民に被害を与え続けている原子力発電所はいかに減らしていくかの議論以外ありえないのではとさえ思う。
カテゴリー: Uncategorized

新デニム

AE41A62C-D280-45AD-9443-A01C64569C96

一見ごく普通に見えるスーツ。
インブルーだからデニムに違いないと思うでしょう・・・。
確かにデニムには違いないのだが、このデニムには一切、綿繊維が使われていない。
当然インブルーデニムに関しては、必ず縦糸にインディゴ染め綿糸を使う。
だからこのデニムは本来のインブルーデニムスーツ用に創ったデニムではない。
スーツ以外の商品向けに考えたデニムで、むしろアウトドア用の商品向けといえる。
種明かしをすれば、実はこれがハードで重いこれまでのデニムに対して考えてきたポリエステル100%のデニムである。
綿ではなくポリエステル繊維の持つ軽くて丈夫でもあり、洗ってもすぐ乾くというまさにアウトドア向きと言えるデニムである。
そのうえあれこれ苦戦しながらちゃんとインディゴのロープ染色をしてある。
これからの時代にはこうした従来の商品の概念から外れた素材、商品が出てこなければ新しい流れは生まれてこないと考えている。
残念ながらポリエステル100%の素材そのものは珍しいものではない。
デニムのデニムらしさはインディゴ染めしてあるというところなのだが、最近色落ちしにくいデニムと言いつつインディゴ染めではないデニムも登場している。
ポリエステルでもインディゴ染めにこだわったというところがこのデニムの凄いところだと思っている。
今のところこのデニムをいかに展開していくかについては白紙状態で、中途半端に生産販売はできないと思う。
もう少しあれこれ問題点や可能性など整理して、どう展開すればいいか考えてみたい。
これがナッシュオリジナルの「APLES DENIM」である!!
カテゴリー: Uncategorized

さあ春だ!!

この一年、めでたいこともあったけれど悲しいことも多かった。
いずれの時か必ずやってくるという人生の終わり。
それが親戚に集中した。
そのいずれもがそれなりに納得した、あるいは十分に頑張ったことの区切りの感じが強いので、ほとんど心からお見送りできたと思う。
いずれその時はこの私にもやってくる。
それまでは精一杯頑張っておこうと思う。
そういう時期を乗り越えながらそこまで春がやってきた。
春が来るという感じは非常に響がいい。
その昔の大学入試で桜散るという電報を何度か受け取った。
そして桜咲くの電報も受け取った。
今思うとどことなくロマンがある。
日本人のこういう感覚はこれからも大切に残していかなければならないだろう。
今の若い人はこの手の連絡はいかなる表現をするのだろう。
先ほど店の前の堀にいるメダカをしばらく眺めていた。
昔の小川には確かにメダカがいっぱいいた。
メダカの学校という歌を思い出した。
メダカを学校の生徒とみる感覚はなかなかのものだと思う。
これは、ほんのわずかの時間見ているだけではほとんど何も感じないだろう。
それなりに長い時間じっと眺めていなければならないだろうし、そこにこうしたメダカの世界をいろいろイメージできる豊かな感性も必要だ。
春は心が花の芽と同じように膨らんで開いてくる。
自然にうきうきしてくる。
お互いがそういう暖かいうきうきした心で接しあえると、自然に幸せになれるように思える。
そんな柔らかで明るい日差しがもうすぐそこまで来ています・・・。
カテゴリー: Uncategorized