今と昔

私の末娘の結婚式に合わせて帰省していた孫たち。
今回はその関係もあり長期滞在になった。
それなりにあれこれ遊ぶことは沢山あるが、我々は盆休み以外は当然ながら仕事がある。
こと私に関して言うと、娘の結婚式が終わってなぜか気が抜けたのか珍しく風邪をひいたようで、38度近い熱が出た。
薬を飲めば熱は下がるのだが喉の調子が悪く痛みもあった。
そのうち声が出なくなって喋れなくなってしまった。
結局、盆休みの間中、熱と声に悩まされながら家から出られなかった。
それにしても暑い夏。
関東以北では気温が低かったり雨がよく降ったりと変則的な夏模様になっているようだが、このあたりではまさに夏の暑さの真っただ中である。
夏といえば家の中より家の外に出て遊ぶことが多かった昔が、今ではあまりの暑さに熱中症や日焼けに気を付けなければならない。
容赦ない暑さが迫ってくるのでそう簡単に外で遊ぶことも難しい。
蝉、カブト虫、クワガタ、トンボ捕り。
スイカやトマト、瓜などを井戸に浸けて冷やしたりしていた。
井戸は今でもあるが飲水に使うことはできない。
エアコンはなくて涼を取るには団扇がメイン。
それでも座敷の障子をすべて開くといくらかの風が通り抜け昼寝をするには十分涼しかったと思う。
土壁に土間が結構夏の暑さを防いでくれていた。
簾、縁台、風鈴は大して効果はないが今思えばなかなか風流だったなと懐かしい。
エアコンと清涼飲料水が今の時代を代表する。
私の子供時代が、電気がなくてもどうにか生活できたぎりぎりの時代だったようだ。
今は電気がなければ一日たりとも生活が維持できない時代になっている。
文明の発達は世界を明るく楽しくするけれど、いき過ぎてしまうと一瞬にしてその生活が破壊されてしまうというリスクを大きくすることにもなっている。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク