練習しない・・・

以前にも書いたが、練習しないでゴルフがうまくなる方法を今や実践中。
このところ非常に調子いい。
以前、一応メンバーになっていたゴルフ練習場が廃業してしまった。
練習はしていないのであまり関係はないのだが、それでもいざというとき近くに練習場があればとりあえずは安心できる。
それなりにうまい人は練習しなければ不安のようで、遠くても何とか練習場に行かなければならないようだ。
私はとりあえず家にマットだけ置いて気が向けば素振りをすることにしている。
それでもコースに行くことが練習である。
あれこれ考えて力んでしまうのがわれわれ素人の決まった問題点である。
だからいかに力を抜くかが大切なのだがそれが実際には非常に難しい。
力がないのに力を入れる。おかしな話だ。
力がなければないなりにゆったり振ればいいではないか・・・。
ところが、どうしても力を入れたほうがそれだけよく飛ぶはずと思い込んでいる。
最近はそのあたりが変わったところかもしれない。
以前は歳の割に力一杯振ることが周りの人にアピールできると思っていた。
しかしご存知のようにゴルフは上がってなんぼのスポーツである。
コツコツ打って上がればパーの人と、目一杯振り回して上がるとボギーかダボ・・・。
これはどちらがいいのかはスコア重視なら歴然としているのだが、それでもなぜか振り回してしまう。
ゆっくり確実に、よくボールを見て、慌てずアプローチして、よく狙ってパットする。
これだけでなぜかパーかボギーで上がれるようになる。
プロではないので楽しむことが第一であればそれほどむきになることはない。
これは理屈では誰しも簡単に理解することなのだが、いざクラブを握ってボールの前に立つと性格がいとも簡単に変わる。
いやそうではなく逆に本来の性格が出るということだ。
ゴルフぐらい人の性格が表に出るスポーツはないといわれる。
練習しなければしっかりボールをとらえることは確率的に難しいが、それでも空振りすることはないのでコツコツボールをよく見て打っていけばそれなりのスコアになる。
とにかく80台で上がることを意識していけばいいと思う。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク