デニムスーツとは

この十年の間にいろんなことが変化してきたことでわれわれのデニムスーツの持つ存在感もそれなりに変化してきた。
当初は、デニムスーツとは「ジーンズでしょう?」という問いから始まって、ジーパン感覚のハードさや重たさは当然のこととして意識され、そこからなかなか脱しきれなかった。
お客に対して、デニムスーツはジーンズではなくスーツのデニムバージョンですという説明を何度も繰り返した。                                               言葉では説得しきれないことのもどかしさを感じていた。
それでも実際に袖を通したその瞬間からお客の表情が大きく変わった。                                 ほとんどの人はそれまでの漠然とした概念を捨て、すんなりデニムスーツを認識し、なおかつ驚きを感じた。
スタートから10年の歳月が流れ今では確かな手ごたえを日々感じるようになった。
常に意識していることはデニムは決して最も優れた素材ではないということ。                             スーツの歴史の中で連綿とその価値を持ち続けているのは何と言ってもウール素材である。
それでもウールにはないこの若干手間はかかるが個性のある素材に人は心惹かれる。                             この微妙な感覚がたくさんの人たちの心にそろりそろりと入り始めている。
決して肩肘張るわけだはないがなぜか存在感がある。                                        それは何とも言えない心地よい存在感である。                                              恐らくこれほど着るときにスーツの存在感を自分自身で感じるスーツは他にあまりないのではないか。
インブルー・デニムスーツはそれまでのデニムのハードで丈夫、そして色の落ち具合という特徴を一旦切り離すところからスタートしている。                                                 ということは、それまで誰もがデニムの絶対的魅力としていた特性を一旦すべて否定してみるということである。                                                            これは発想の転換というよりデニムをより昇華させたということだと思っている。
いずれにしても新しい価値を生みだしたということは間違いないと思う。
これからのデニムスーツの存在感がどのように広がっていくかは、デニムスーツを単なる一時期の流行としてとらまえるのではなく、これまでのスーツの中に新しい楽しいカテゴリーとして定着させることができるかどうかである。
オウナーとして、インブルー独自のしっかりした進むべき道筋を明確にし、デニムスーツを心から愛するスタッフたちと熱い議論を交わすことで、インブルー・デニムスーツはより魅力的に成長していけるはずである。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク