今年も残り少なくなりました

一年というのは長いのか短いのかわからないがこの時期になると間違いなく一年は短いなあと感じる。
歳をとるとなおさら短く感じるようになる。
えっ、この間忘年会したばかりじゃないか…。
というのは大げさだがそれに近い感覚である。
振り返ってみるとナッシュとしては今年の忘年会で27回めの忘年会ということになる。
毎年いろんなことがあって、いろんな思いで忘年会をしてきた。
すごくたくさんの人たちに参加してもらったこともあるが、わずかの人数だったこともある。
それでもこうして会社が継続していることは本当にありがたいことだ。
その都度そのときの社員とさまざまな思いを共有してきた。
しかし状況は必ずしもいい方向とは言えず、年々厳しさに直面してきた。
とくにアパレル、ジーンズメーカー向けのテキスタイルビジネスはこの10年で大きく変化した。
これまでの企画中心のナッシュ流はなかなか受け入れられなくなってきた。
それはアパレル、メーカーの営業力、企画力にもよるが現実そのものがリスクを避ける傾向がどんどん強くなり独自の企画を組み立てられなくなった。
誰かがリスクしている素材を利用しようということになり、独自の素材開発が以前より極端に少なくなった。
当然市場の様相も大きく変わり、市場に流通する商品の量は増えていると思うが、消費者に刺激を与える新しい感覚の商品は少なくなっている。
ナッシュのテキスタイルビジネスも、ここら辺りで一旦立ち止まって市場の状況をしっかり眺めてみることも必要だろう。
今の業界はあまりにも儲けることにこだわり過ぎてドキドキするような冒険は少ないとみる。
これは日本の消費者マインドが年々低下していることにも関係していると思う。
背景には生活への不安感が漠然とではあるが覆いかぶさっていることがあるようだ。
一億総活躍などと抽象的なお題目より具体的に何をどうするのかをはっきりさせて明快な政策をアピールしてほしいものだ。
総理の肝いりの獣医学を学ぼうとする人を増やすか増やさないかは、いくら大きな予算を使っても消費者の消費意欲には何も貢献しない。
その上、消費税が10パーセントになればなおさら消費者は心が冷えてくる。
来年こそはと気持ちを切り替えようとしても現実の厳しさばかりが気になってしまう。
今年の事は思いっきり忘れて来年をいい年にしようという本来の忘年会もどこかに不安を抱えながらの瞬間逃避になってしまっては益々大変。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク