スーツ売り場

若いころ百貨店のスーツ売り場に行くことは、なかなか大変であった。
何を買おうかなど決めてない状態で売り場を歩くと必ず店員が声を掛けてくる。
「何をお探しですか?」                                                           「スーツですかジャケットですか?」                                                        「どんなお色をお探しですか?」
必ず決まった文句が飛んでくる。
それでもただ黙っているともうその次の言葉は何もない。
必ずかけられる言葉があるけれどその次の会話には進まない。
そんなことより聞きたいことはたくさんある。
ところが、ときにその聞きたいことを尋ねてみると、そのほとんどは全くこちらの聞きたい筋からは外れてしまっている。
結局中途半端な状態でその場を離れるしかない。
今も基本的にはその当時とあまり変わってはいないと思う。
これは売る側の都合なのかお客への思いやりなのかと考えると、スーツ売り場で心地良くなったことはほとんどないことから、あまりお客の立場は考慮されてないように思う。
最近はその「何をお探しですか」の常套句が無くなってきた代わりに声高の「いらっしゃいませ」と「どうぞご覧下さい」の決まり文句になってきた。                                                     ときには客の顔さえ見てない事もある。
あれこれ聞きたいことを質問してみると、この人はアルバイトなのかと思ってしまうほど中途半端で、こちらが何を知りたいのかを丁寧に説明しないといけないこともしばしば。
スーツ売り場はどうしてこうも時代遅れなのだろう。
わがインブルーはどうなのかと思って見てみると、まだまだ格好いいと言える域には達していない。
お客が本当に心地よくなってもらえるためには様々な勉強をしなければ瞬間瞬間の対応に心地よさは望めない。
お客の服装やスタイル、表情その他さまざまな情報を瞬時に感じ取って対応していくためには、日々どんな場所でもどんな状況でも周りの様子や、どうすればことがスムーズに進むのかなど常に独自のシュミレーションが欠かせない。
私だったらこういうときはどう対応するか、どう対応してほしいのかを考えられるだけ考えることを習慣にしなければならない。
まだ若いスタッフだからその気になって努力すれば、お客から信頼されるスタッフに成長できるはず。
それらは必ずしもマニュアルのようなものではなく、そのスタッフにもっとも似合った独自の接客の仕方が編み出されていく。
それぞれの個性が生み出す独自の心地よい接客が身に付くようになれば、まずはインブルーの基本ができることになる。
スーツという一見硬いイメージの商品が、お客にとって楽しく心がときめく夢のある商品になっていくはず。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク