思い切り

このところゴルフの調子が今一だ。
時々こういう状況に陥る。
どこが悪いのか分からないがとにかく上手くいかない。
練習をしないのだから上手く当たらないのはよくわかっているのだが、そういう感覚ではなくとにかく上手くいかない。
とんでもないミスを犯してしまう。
こんなはずではないはずなのに・・と打つ手なし状態になる。
結局大いに悩んでたどり着くところは、あまりにもボールに当てることを意識しすぎて、その結果、思いっきりが悪くなっていたということだ。
人間どうしても上手くいかなくなると小さく小さくなってしまう。
心もそうだし体の使い方もそうで、なんで上手くいかないのかということばかり考えると、次第に思い切りは悪くなる。
よく高校野球などで見かけることだが、監督が選手にとにかく思いっきりバットを振ってこいなどと言って萎縮する心を和らげると、意外とすんなりバットが振れていいバッティングができることはよくある。
何事も考えすぎは決していい結果につながらない。 (池に6発も打ち込んでしまったという悪夢をまだ引きずっている)
                                                                                                             力を入れて過ぎて力むということではなく、従来通りに気持ちよくかつ思い切りスイングすることができればそれほどひどい結果にはならない。
人間とは本当に心の持ち方でいかようにでも変化してしまう。
妙に自信を持ちすぎることは決していいことではないが、バランスよくそれなりに自信をもって、思い切り何事にも挑んでいくために欠かせないのは意識の持ちようだと思う。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク