地方創生・・・

国の政策で地方を元気にしようと意気込んであれこれ策を講じるけれど、結局はほとんど何も変わらず、むしろ東京の人口はどんどん増えている。
すべての機能を東京に集中させておいて地方が元気がないから何とか元気を出させようなどと一見地方のことを考えているような政策は恐らくどんなに頑張ってみても効果は上がらない。
地方創生担当大臣も役職はあるが基本的に東京にいたいわけだからこれは冗談にもならない。
世の中、何事もリードすべき人は自らが率先して行動し周りにその意味、意義を伝えなければ何事も変わることはない。
掛け声といくらかのお金でみんな地方のために頑張ってくださいと丸投げしてみても笛吹けど誰も踊らず。
というよりも何をどおすればいいのかほとんど見当もついてないのではないか。
ではなぜみんな東京を目指すのか。
政治も経済もその他文化もスポーツもまずは東京という図式が強固に出来上がっている限りこれを壊すことは不可能に近い。
不可能な状況で、ことをやらせておいて皆さんどんどんやってくださいと煽ってもそんなことは単なる理屈であって実践には結びつかない。
寒い時も子供は元気よく外で遊びなさいと言いながら、肝心の大人たちは暖かい家の中でのんびりおいしい食事を楽しんでいる状況によく似ている。
地方創生を叫ぶのであればまずは東京を一度分解することが必要だろう。
東京でなくてもいいことはどんどん地方へ移していくことを具体的にやらなければいけない。
誰も地方へ行きたくない・・・。これでは地方が活性化する根拠が元から存在しなくなる。
インターネットで世界中がつながっている時代に政治と行政が東京にしがみついているようではすべてが上っ面の政治になってしまう。
東京の税金をとことん高くすることが一番簡単なことだと思うがそうはいかない。
だとすれば地方の税金をとことん安くすればいい。                                          安くすれば地方行政が成り立たないなどという理屈も出てくるだろうが、誘致企業も働く人もまとめて移動させる必要がある。
30年ほど前に瀬戸大橋が開通したとき、通行料が非常に高かった。
国の決め方で出された金額では誰も渡りたくない。
当然当初国がもくろんだ通行量を達成するためにほぼ倍の時間がかかった。                               国民にとっての便利さが第一目的であれば安くて当たり前なのだがそれができない。
国会議員も自分の金を払って何度もわたってみればこれが困った橋であることはすぐに気が付くはずであるがそれができなかった。                                                  これこそ料金をぎりぎりまで安くして通行量を増やす以外、本来の橋の目的はないはず。
地方創生とは美しい言葉だが、言葉で誤魔化しているように思える。
発想を変えれば、地方の魅力を単発的にアピールするよりは、国として東京を住みにくくすればいいだけのことだと私は思う。
地方を盛り上げるには独断的ではあるがこれぐらいの考え方でやらなければ何年たっても何も変わらないだろう。
地方創生というのであれば政府も画期的創造力をもっと磨かなければならないのではないか。
今はまだオリンピックなどというイベントで誤魔化せるけれど、その先に対してはもう打つ手がないのではないか。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク