理論と実践

理論と実践はどちらも紙の裏表のように意味合いは全く異なるけれど必ずくっついている。
物事は理論だけでも成立せず、かといって実践あるのみということもあり得ない。
どちらが優先するかということも一概には決められない。
世の中よく想定外という言葉を聞くが、これは理論が現実に追いつかない状態のことであり、地図も持たずに大体のイメージで山に登れば、どこにたどり着くやら分からない。
理論は決して現実ではなく頭の中で繰り返される一つの考え方である。
現実に起こるでろうことを論じてはいるが決して現実そのものではない。
事実は小説より奇なりとも言われるが、いくら推考を重ねてみても現実はその理論の世界とは異なったことが起きる。
どちらも非常に重要なことであるが、人は残念ながらどちらかに偏りやすい。
俗にいう頭でっかちとか饒舌とか言われる人たちはおおむね理論に偏っている。
その昔は不言実行ということが良しとされていた。あれこれ理屈を並べ立てるよりしっかりした結果を出していくことがいいことだと言われた。
それは結局のところ理屈ではなにも生まれない。あれこれ悩みながらでも実行することでそれに見合う結果が出てくる。そのことが人を説得することに繋がり信頼を得ることに繋がる。
プロ野球の選手が来年はホームラン30本、3割打ちますといくら宣言しても1年後にしっかりした結果を出さなければ評価はダウンする。
理論は物事を行う前であり、実践は結果である。
かといって、いくらやる気満々でも実践計画やシュミレーションが詳しくなされてなく、とにかくやってみなければ分からないと言ってがむしゃらにやることはいいこととは言えない。
実践による経験が多くなれば多いほど、次にやろうとすることの成功確率は高くなる。
現代では、どうしても理論武装したがる傾向が強く、政治家(大臣)も官僚たちの理論をベースに単なる答弁を繰り返すことでことを進めたがる。それによって現実にそぐわない法案がしばしば成立する。
実践とは自らやってみて経験を増やすことであり現場に行くことである。
しかしながら実践経験はその人個人の経験でありそれらを他の人と共有することは非常に難しく、結局は理論に置き換えなければ伝えることができない。
いくら実践者の経験を聞いてもそれをただ理論として聞いていてはほとんどの場合その他の単なる理論と何ら変わらない。
百聞は一見にしかずというけれど、百見しても実践しなければ理論で終わり実践力として身につくことはない。
理論に基づいた実践、実践に基づいた理論。
これが最も信頼を得られる正味の力となる。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク