失敗から学ぶ

失敗学という学問があるように人は必ず失敗する。
そのとき、失敗した人がどうやって再び立ち上がるか、またその始末をどうするのかによって、すでにその先の在り方がほぼ決まる。
極端には、その対応を見ているだけで、ほとんどその人の内容がつかめると言える。
折角失敗による大きなチャンスを得ているにもかかわらず、普通の人はなぜか失敗した状況を十分に振り返ることもせず、ただひたすら言い訳や失敗の不可抗力さを主張することに意識が行ってしまう。
失敗は成功へのまたとないチャンスである。
何をやってもうまくいくことが誰しも求めることなのだろうが、どんなにうまくやろうとしてもどこかで必ず失敗はやってくる。
それは竹の節のように、ある一定の期間でやってくる。
やってくることが分かっているから人はある程度対応できるしそこから学ぶこともできる。
失敗なしで進むことは、そのこと自身が大きな失敗であると言える。
知識は実際に経験することによって身につくのであって、本を読むだけ、話を聞くだけではほとんど効果はない。
仕事においても同じ失敗を何度となく繰り返す人がいるが、こういう人たちの言い分は、以前の失敗と今回の失敗は状況も内容も違うから仕方ないという言い訳をする。
口に出して言わないにしても心の中では間違いなくそう思っている。
実は、これが残念ながらその人の進歩を著しく阻害している。
どんな失敗も決して人のせいではなくすべてその人の責任である。
事故とは違う。
成功話をいくら聞いて、それらをいかに繋ぎ合わせてもそれでことを進めれば、その先にあるのは脱出しがたいほどの大きな失敗である。
失敗はいくらしてもかまわないが、そのたびに必ず周りの人たちに迷惑をかける。
その、人に迷惑をかけることの申し訳なさをひしひしと身に感じていれば、次第に失敗の量も減ってくるはず。
そして、同じ失敗を平気ですることのふがいなさも感じるだろう。
気が付けば数多くの失敗がその人を注意深くさせるだろうし、事前に様々な状況を想定した準備ができるようになる。
私も様々な失敗から多くの事を学んだと思っている。
失敗なくしては成功にたどり着けない。
失敗のない成功というものはもとより存在しないとまで言えよう。
同じ失敗、同じ言い訳は、そのたびにその人自身が寂しくなるだろうし、成果は足踏みどころか後退であることを十分に知らなければならない。
いくらその人が周りからどう言われようが辛抱できるなどと強がってみても、それだけでもすでに周りの人に大きな迷惑をかけていることに気付かなければならない。
こうして、日々様々なできごとや失敗を経験することで、人の適応能力は大きくなり瞬時の判断力も培われる。
決して失敗を奨励するわけではないが、取り返しのつかない失敗をしないためにも、そのときに真摯に反省と検証を欠かさないようにしなければならない。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク