捕鯨

子供のころの教科書には捕鯨に関する説明が必ず載っていた。
捕鯨船団を組み、母船とキャッチャーボートが南の荒海でも活躍しているという説明があった。
当時は確かに学校給食でも、肉といえば鯨の肉であり牛肉などありえなかった。
私の家庭でも鯨肉がほとんどで、カレーライスにも鯨肉が入っていた。
決して嫌いではなく今でもその味は覚えている。
魚屋が豆腐のような四角い塊で売りに来ていた。
だからといって今さら鯨肉をどうぞといわれても躊躇する。
時代の流れを見れば、今や様々な蛋白質源が市場にあふれていて、そんなに無理することはないですよと言いたい。
昔を懐かしむ程度なら今のままでもいいのではないかと思うが、日本政府としてはどうしても捕鯨に力を入れたいらしい。
地球上の様々な食料資源は、そこで人間が暮らしていく以上、何らかの変化が起こり続けていく。
それでも新しい食料の栽培方法や養殖方法がどんどん開発されていることから考えれば、世界の国々と改めて摩擦を起こす必要はないのではないか。
それに、経費をもっと有効に使う方が一般の国民にも意義があるように思う。
一般国民に理解しがたいことになぜか意地になることがあるようだ。
果たして誰が納得して、誰が喜ぶのだろうか・・・。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク