今思うこと

人には、100人いれば100通りの人生がある。
いかに生きて、いかに終わるかということは考えれば非常に難しい問題である。
私もこの歳になると様々なことを人並みに考える。
未来に向かって突き進むだけの体力気力はいくら粋がってみても強くはならない。
ゴルフのドライバーの飛距離も思いのほか落ちてくる。
話の中での説得力も実践力が落ちるだけ弱くなってくる。
誰しもが感じる人生のある時期である。
日々新しい何かが発明・発見・開発され、世の中が秒単位で変化し続けている現代において、テレビも電話も洗濯機もない時代を経験したことが、遠い遠い昔の話でありながら妙に懐かしく思えてくる。
新しい文明に後れずついていくことは、ある時期からかなり大変なことになってくる。
電話が携帯電話になりスマートフォンになりもっと複雑な情報伝達手段になってくると、恐らく何が何やら分からなくなる人たちはかなり多いと思う。
最先端を走らなければ世の中の流れに遅れを取ってしまうと思っても、それはもう我々の世代ではコントロールすることは難しい。
そのあたりが世代交代のタイミングなのだろうとは思う。
こんなことを考えながら我々世代のこれからを考えてみると、改めて、何もなかった時代の楽しみ方をもう一度再現することも面白いのではないかと思う。
かといって、本当に何もない昔ながらの情況での生活など、言ってみるだけでそう簡単にはできないだろうが、とにかく前に前に進まなければ現状が維持できない生活から、何も焦って前に進まなくてもその日を楽しく過ごすことはできるだろう。
自分の経験が生かされようが無駄になろうが、もうあれこれ焦ることもなく日々をあるがままに生きていく。
今の日本はあまりにもあれこれ苛立っていて、どこにものんびりゆっくり落ち着くことができる環境がない。
なんでこういう落ち着きのない日本になってきたのだろう。
誰もが東京へ東京へと集まっていく。
テレビでは、どれも同じ番組を延々流していて、同じタレントが同じ表情でもっともらしい発言をびっくり顔でアピールする。
人が知らないであろうことをあちこちから探しまわって、いかにも価値ある情報番組のごとく仕立て上げる。
何とかしなければ日本も危ない。
同じ人間が同じ意見をどこでどんなに言おうが、どこまでが本心なのか本気なのかさえ確信が持てない。
ただ、受けを狙ているとしか感じられない。
だれもが、ただただ東京に行くことが価値があると考えることにはほとんど意味はない。
人は一人になったときに一番その価値が問われる。
群れて勢いでできることは結局は大したことにはならない。
その象徴が東京である。
東京が今の東京である限り、日本はおそらく将来において何も変わらないだろう。
狭い日本をより狭くしているのは東京である。
東京にすべての機能が集中する限りその現象はより顕著になっていく。
そしてついにはそれが最大の弱点となって国は機能を失う。
もっと地方の価値を高めなければならない。
それこそがこれからの世代の人たちに課せられた大きな課題であり、そこから次の時代に存在感を大いに高められる可能性のある道が見えてくるはずである。
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク